BLOG 2018.06.14

イラレのスクリプトを「SPAi」でショートカット化して超時短!

こんにちは。
スリーの中野です。

前回に続き、普段愛用している超便利アプリのご紹介です。

 

今回はAdobe Illustratorをお使いの方は、必!見!です。

 

とはいえ、数年前からもう定番化しているので、ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

そういった方は、「わかる!!」と頷いていただければ嬉しいです。

 

イラレのスクリプトをショートカット化!「SPAi」をダウンロード

 

イラレのスクリプトにショートカットを割り当てられるだと!?

そんな夢のようなことを実現してくれるアプリがこの「SPAi」。

 

スクリプトはウルトラ便利だし、

ガシガシ俺得なスクリプト集めて、作業効率あげたい!

 

…でも、スクリプト呼び出すの面倒なんだよな〜〜〜

しかも頻繁に使うような便利なスクリプトほど、呼び出し頻度も高いわけだし、、、

 

そんなことを少しでも思ったことがある、あなた!!(はい!)

 

なんでもかんでもショートカット化したがるあなた!(はい!)

 

もしまだSPAiをお使いでないなら、イラレ生活の半分!?損してます!!(断言)

 

何はともあれ、まずは以下からアプリをダンロード!

http://tama-san.com/spai/

 

 

※動作環境
OS X 10.7以降 
Adobe Illustrator CS3以降

 

「SPAi」の使い方

 

1.アプリケーションをインストール

SPAiはイラストレーターと連携するアプリですが、


通常のアプリのように独立して稼動しているので、

イラレのプラグインフォルダではなく、
アプリケーションフォルダに追加してください。

 

2.アプリを立ち上げ

ダウンロード直後の、立ち上げ最初の一回目は

右クリック→開くから立ち上げてください!


※最初の一回だけで、以降はダブルクリックで開けます

 

 

アプリを立ち上げたら、

イラレをアクティブにするとSPAiのスクリプトパネルが立ち上がります!


ここはイラレ のスクリプトフォルダを参照してます。

 

 

ちなみにこれをダブルクリックするとそのスクリプトを呼び出せるので、


非ショートカット派の方は、こちらでも◎
これだけでも普通に呼び出すよりは楽かと思います!

 

3.各スクリプトにショートカットを割り当てる

 

 

右上のメニューから「ショートカットを設定」をクリック。

 

以下のようなキーボードショートカット設定画面が出ます。

(この画面は、すでに僕が入れたスクリプトがショートカット化設定されてる画面です)

 

 

左上の「+」ボタンからガシガシスクリプトを追加していきましょう!

追加したら、そのスクリプトに任意のショートカットをアサインする!

この辺はイラレのショートカットのそれを同じ感覚でできます。

 

4.保存して終了!

お気に入りのスクリプトにショートカットを割り当てたら、あとはイラレ上で使うだけ!

スクリプトパネルは非表示にできますので、ショートカット派の方は非表示一択です!

 

最後に

 

とっても便利なこのアプリ。

本当に毎日お世話になっております!

 

このアプリが活躍するのも、便利なスクリプトファイルのおかげ!

以下はいろいろなスクリプトファイルを使ってみた中でも、特に便利だと思うものをあげてみました。

 

・アートボードサイズで四角を描画

・線幅変更

・クリッピングマスクを天地左右3mmずつ広げる

・テキストの位置を保持したままの左中右揃え変更

・選択文字のベースラインシフトを同じ文字に反映

・シアーをアピアランスで

・グループ化せずにオブジェクト群をアートボード基準で整列

 

これら全部最高です!

ほぼ毎日お世話になっております!

 

そしてこれらのほとんどが同じ方が作られております。

最後にとても素晴らしいスクリプトファイルを配布されている方を紹介して終わりにしたいと思います。

 

GOROLIB DESIGN さん

https://twitter.com/gorolib

http://gorolib.blog.jp/

 

もうほんと最高なスクリプトファイルが盛りだくださん!!

いつもありがとうございます!



皆様も是非、便利なスクリプトをショートカット化して、

爆速イラレライフを!

 

「SPAi」のダウンロードはこちらから

http://tama-san.com/spai/

CONTACT US !

デザインやWEBサイトのことでお困りごとはありませんか?
株式会社スリーでは、デザインはもちろん戦略からクリエイティブ、コミュニケーションまで、
デジタルとアナログ両分野の手法を使い分け、事業成長と問題解決をトータルサポートします。
お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら